FC2ブログ

おぼろ月夜ブログ

思いつくまま好き勝手に日本の置かれている状況などを書いています。

ロシア(ソ連)の日本侵略の歴史ー極悪非道なスターリンのソ連の日本人虐待・虐殺(その5)

ロシア(ソ連)の日本侵略の歴史ー極悪非道なスターリンのソ連の日本人虐待・虐殺(その5)








↓  日本が好きな方はクリックをお願いします 
人気ブログランキングへ

 

https://ameblo.jp/kororin5556/entry-12426933550.html

ロシア(ソ連)の日本侵略の歴史ー極悪非道なスターリンのソ連の日本人虐待・虐殺(その5)

 

 









安倍晋三のロシアへの尻尾振りは愚かな極みー売国奴そのもの

ロシアはソ連である。という現実をわきまえない愚かな宰相・安倍晋三

プーチンは愚かな安倍を利用して、日本国家から経済的利益、軍事的利益、領土上の利益などすべてを奪い取っていく。

ロシアとの協定はいかなる協定も紙屑同然なのは、歴史が証明している。

愚かな安倍は「功名心」につけ込まれ日本をロシアに差し出しているのだ。愚かな限りである。
 







01







02



















*****************************








極悪非道なスターリンのソ連の日本人虐待・虐殺とソ連軍兵士の日本女性強姦(その5)

 ーシベリア抑留
 ー日韓請求権問題










12月11日 シベリア強制抑留・日本民族奴隷の悲劇 ⑧
https://www.youtube.com/watch?v=tcpxMro3N3A














12月11日 シベリア強制抑留・日本民族奴隷の悲劇 ⑨
https://www.youtube.com/watch?v=qXxCfgykKGY
















シベリア抑留 歌声に救われた戦友たち4
https://www.youtube.com/watch?v=uPuHLK9kz2c














シベリア抑留 望郷の歌
https://www.youtube.com/watch?v=XO1xLqg8gyY

























*****************************






(1)日本人捕虜のシベリア奴隷労働被害(シベリア抑留)
2013年2月 Minade Mamoru Nowar

http://www7a.biglobe.ne.jp/~mhvpip/CombineDorei1.html







8.日ソ戦争を記述しない歴史書



 (続き) 








(クリックで拡大)


シベリア抑留d001









シベリア抑留の「正史」作り 急げ




シベリア抑留の経験者らによる会合「特措法制定から2年-l国の取り組み・
民間の取り組みはどこまで進んだか?」がこのほど、東京都内で開かれた。
元抑留者や遺族らによる「シベリア抑留者支援・記録センター」が呼びかけた。

元抑留者7人と、遺族、研究者やシベリア特別措置法制定(2010年6月)を
推進した国会議員ら約30人が出席した。

2012年度の国の事業として、死亡者の身元特定や遺骨帰還の推進などの
拡充や、ロシアでの抑留関連資料調査について新たに民間団体の協力を
求める方針などが報告された。【栗原俊雄】 








(クリックで拡大)


シベリア抑留d002














**********************







太平洋戦争時における朝鮮人の強制労働問題の根因:

1941年12月8日、日中戦争が泥沼化し、まったく解決の目途がなかったのに、
あまりにも愚かであった旧大日本帝国政府は、陸海軍の高級参謀たちと、
最高指導者たちに引きずられて、無謀にも、新たに太平洋戦争を始めた。

兵力の大量動員を余儀なくされた。

1940年(昭和15年)には157万人であった陸海軍現役軍人数は、
1944年(昭和19年)には540万人へと急増する。 






太平洋戦争を始め、しかも、あまりにも愚かなことに、
戦場を限りなく拡げていった。
戦闘物資の補給を考えなかった。食糧の補給すら考えなかった。

対米開戦により、新たに383万人の徴兵を余儀なくされた。

日本の産業界は、総ての分野で、深刻な労働力不足の直面した。

満州においてさえ、日本人の13歳~16歳の女子中学生までが、
学徒動員(女子挺身隊)で、工場労働に狩り出された。 


狩り出された多くの女子中学生が、冬の満州の厳寒時の慣れない工場労働と、
栄養失調と、寄宿舎生活で、当時、不治の病といわれた肺結核に罹り死亡した。
旧大日本帝国陸軍版 『ああ野麦峠』である。

旧大日本帝国陸軍は、自国の13歳~16歳の少女を強制労働で殺していた
のである。

極めて当然のことながら、旧大日本帝国政府が、あまりにも愚かであった
旧大日本帝国陸海軍の高級参謀たちに引きずられて、
あまりにも無謀・無策・無責任な侵略戦争をずるずると続けたことが
朝鮮人強制労働問題の根源であることを忘れてはならない。 










日韓請求権・経済協力協定交渉の経緯

日韓基本条約と同時に締結された日韓請求権・経済協力協定の交渉の過程で、
日本政府は、元従軍慰安婦、元徴用工に対する個人補償は日本政府が行う
と提案した。

しかし、この提案を韓国政府は拒絶した。 





韓国政府は、
国全体及び個人に対する日本の賠償金は、韓国政府が一括して受け取り、
韓国政府が、元従軍慰安婦、元徴用工に対する個人補償を行うと主張した。

日本政府は、韓国政府の主張を受け入れ、日韓請求権・経済協力協定の第2条aに、
「両締約国は、両締約国、及び、その国民(法人を含む)の財産、権利、及び、利益、並びに、
両締約国、及び、その国民の間の請求権に関する問題が、1951年9月8日に、
サン・フランシスコ市で署名された日本国との平和条約第4条(a)に規定されたものを含めて、
完全、かつ、最終的に解決されたこととなる
ことを確認する」と明記した上で
無償資金3億ドル、有償資金2億ドル、
及び民間借款3億ドル、計8億ドルの
賠償金を支払った。

ししながら、韓国政府が行った元従軍慰安婦・元徴用工に対する個人補償は
非常に小規模なものであった。 







日本が支払った合計8億ドルのものぼる膨大な賠償金は、
金日成の戦争犯罪で徹底的に破壊された韓国国土のインフラ整備と
韓国を農業国から工業国に転換させるための製造業の立ち上げに使われた。

この、日韓請求権・経済協力協定の交渉過程について、
2009年8月14日、韓国外交通商部は、
「日本から受け取った無償資金3億ドルの中には、元従軍慰安婦・元徴用工に
対する補償金が含まれている」との公式文書をソウル行政裁判所に提出した。

それまで、韓国政府は、日韓請求権・経済協力協定の内容と交渉過程を、
韓国国民には、一切、知らせていなかった。

現在時点でも、韓国外交通商部の高級官僚たちは、李大統領や金外交通商相に
このことを知らせていないようである。

日本政府は、1965年の日韓請求権・経済協定締結以前においても、
元徴用工に対する未払い賃金の支払いと補償を行えよう企業に要請している。 



元徴用工に対する未払い賃金を裁判所に供託するよう企業に要請している。

元徴用工70万人・元従軍慰安婦20万人・
計90万人1人当たりの日本の賠償金額


以下、賠償金額は公式のものである。計算は筆者の個人的な考察である。

1.
1965年の日韓基本条約、及び日韓請求権・経済協力協定において、
無償で3億ドル、有償で2億ドル、合計で5億ドルを払っている。
この他に、民間借款を3億ドル以上供与している。
総計で8億ドルに達する膨大な賠償金である。 


2.
この金額は当時のものであるので、貨幣価値を今の時代に換算してみる。
3億ドルの無償分のみに絞っての計算である。

(円換算)
3億ドル×360円(当時1ドル=360円)=1,080億円

(物価換算)
2012年の大卒初任給20万4,782円÷1965年の大卒初任給2万3,000円=8.9
1,080億円×8.9=9,612億円 


 ③
(賠償対象者)
強制労働徴用工70万人+従軍慰安婦20万人=90万人

(一人当たり賠償金額)
9,612億0000万円÷900,000人=106万8,000円

(ドイツとの比較)

韓国の反日団体は、ドイツは、戦後、戦争被害を与えた国に、
十分な補償をしている。ドイツを見習えと言っている。

ドイツの、戦争被害国の強制労働者への賠償金額は、
現在価値換算で、1人当たり、30万円~80万円である。 







最高額といわれるユダヤ人の奴隷労働者への賠償金額は80万円である。

(膨大な賠償金額)
3億ドル分だけで1人当たり106万8,000円になる。

当時の韓国の国家予算の2.3倍に相当する
無償、有償、民間借款、あわせて合計8億ドルで計算すると
1人当たり284万8,000円になる。 




日本が韓国に払った賠償金が、いかに膨大な金額であったかが分かる。

日本が韓国に支払った賠償金は非常に高い水準であった。

(韓国政府の賠償金転用)

日韓請求権・経済協力協定締結の後、韓国政府は、日本からの賠償金を、
個人の賠償対象者に支払うことなく、国家発展のために転用した。 






 「漢江の奇跡」と言われた韓国の経済成長が、韓国国民の努力とともに、
この日本が支払った膨大な賠償金と、最新製鉄技術供与に代表される
製造業の、ほとんどの分野における日本の真摯な技術支援によることは
疑問の余地がない事実である。 












(クリックで拡大)


シベリア抑留e001








(クリックで拡大)


シベリア抑留d002


出典:読売新聞(朝刊)2012年5月26日第12面
















(クリックで拡大)


e003











(クリックで拡大)


e004











(クリックで拡大)


e007









(クリックで拡大)


e006











(クリックで拡大)


e008


 (続く) 






 ******************************

関連記事
スポンサーサイト



  1. 2019/07/18(木) 16:52:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<NHK発狂す!ーNHKよそんなに日本が憎いのか! | ホーム | 日本人を憎むNHK(その4)-日本人の言論弾圧の道具と化すヘイトスピーチ批判>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://oborotukiyo824.blog.fc2.com/tb.php/610-7ca4808f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)